カンジタ症と聞くと性病をイメージする人も多いことから、性器に感染するものと思われがちです。
しかし、症状の原因となるカンジダ菌は真菌の一種であり、口腔内に常在するものが異常繁殖することで発生する可能性があります。
口の中は外から見えないだけになかなか気づきにくく、知らないうちに感染していたなんてこともありえるのです。
口のトラブルを避けるためにも、この機会に症状や治療方法など口腔カンジダについて理解を深めておきましょう。

口腔カンジタの主な症状

口腔カンジダ症は文字通り口腔感染症の一種で、主にカンジダ・アルビカンスという真菌によって起こります。
そのため、従来の口腔カンジダ症は異常繁殖した真菌が粘膜表面に付着し、点状や波紋状の白いコケが見られるようになります。
これを偽膜性(ぎまくせい)カンジダ症と呼び、代表的な症状となっていましたが、現在では白いコケが見られない萎縮性(いしゅくせい)カンジダ症もあります。

一般的に多い偽膜性カンジダ症は急性型に分類され、口内でザラザラとした違和感を感じるようになります。
痛みはほとんどなく、粘膜に付着した白いコケはガーゼなどで簡単に取り除くことが可能です。
ただし、拭き取ったあとで発赤やびらんができることもあるため、自身で除去するのは推奨できません。
あまり痛みがないため、そのまま気づかずに自然に治ってしまうことも少なくないようです。

近年、増え始めている萎縮性カンジダ症は偽膜性で認められるような白いコケがなく、見た目ですぐに判断することが難しいタイプです。
粘膜の紅斑や舌乳頭(舌のブツブツ)が小さくなるのが特徴で、飲食時に口内がヒリヒリしたり、刺激によって強い痛みを感じることがあります。
歯科治療中に発症すると入れ歯などで隠れてしまうこともあるため、口腔カンジダ症と気づかずにいつまでも治らないこともあるようです。
症状が酷い場合は味覚障害を起こすこともあるので、早めの治療が推奨されています。

口腔カンジダが長期間続いて慢性化すると、舌の上が腫れたような状態になることがあります。
見た目が腫瘍のように見えるので癌を心配することもありますが、この状態を肥厚性(ひこうせい)カンジダ症と呼びます。
また、口角の発赤やびらん、亀裂が認められる場合は、カンジダ性口角炎の可能性が高いです。

口腔カンジダといってもそれぞれに症状が異なるため、安易に判断できないのがこの感染症の難しいところです。
偽膜性カンジダ症は白いコケが出るのでわかりやすいのですが、見た目で判断できない萎縮性カンジダ症は気づかずに慢性化することもあります。
主な口腔カンジダ症の症状は口内で白いコケが発生する、唇の端が赤らんだりひび割れができる、舌が平滑になる、飲食で口内に痛みを感じるといったものが代表的です。
これらの異常が感じられるようになったら口腔カンジダの可能性が高いので、早めに診察を受けるようにしましょう。

性器カンジタはどこでも感染する

カンジタ症は真菌の異常発生によって起こりますが、その原因は感染だけとは限りません。
カンジダ菌は口内にも常在する日和見菌で、基本的には善玉菌や悪玉菌と同様にバランスをとって生きています。
健康な人の口内では菌への抵抗力によってバランスが保たれていますが、何らかの要因でバランスが崩れると一気に異常繁殖してしまうのです。

人の免疫力が低下する原因は実に様々で、仕事によるストレスや体調不良、偏食による栄養不足に睡眠不足などがあります。
これらのちょっとした出来事で抵抗力が低下すると、カンジダ菌が増殖して口腔カンジダを発症してしまうのです。
また、歯科治療でも器具や入れ歯などが不十分だと口内細菌のバランスが崩れやすくなり口腔カンジダを発症することが知られているので、予防として口腔内ケアが推奨されています。
人間の免疫力は年齢によって変化しやすく、特に小さな子どもや年配の人は口内環境が変化しやすく感染する可能性が高いので定期的にチェックするようにしましょう。

口の中で生まれる唾液は飲食物を飲み込みやすくしたり、虫歯菌などが繁殖しないようにしています。
当然ながらカンジダ菌も唾液の影響を受けているので、何らかの病気で自律神経が弱ってしまい唾液が分泌されずにいると繁殖を促してしまいます。

成人で歯科治療を受けるわけでもなく、ストレスなどがない人でも、病気の治療のために薬を長期使用している人は注意が必要です。
口腔カンジダ以外の感染症を治療するための抗生剤、ステロイド、抗真菌薬は特定の細菌や真菌に対して殺菌的な作用を発揮しますが、その反面で口内環境を著しく変化させてしまいます。
短期的な使用ならすぐに戻りますが、抗生剤やステロイド、抗真菌薬は長期使用が多いため、カンジダ菌を増殖させる可能性が高く発症する場合があります。

このように口腔カンジダ症は、第三者からの感染がなくても発症する可能性が十分にあります。
発症しても治療は比較的簡単で抗真菌薬を用意すれば良いのですが、薬に頼らずに健康的な口内を維持することも大切です。
基本的にカンジダ菌は健康な口内で増殖することはないため、発症させないためにも口腔内ケアで清潔を保ち、健康的な生活で免疫力を高める努力をするようにしましょう。

カンジタ症にはケトコナゾールが効く

口腔カンジダ症には口内を清潔に保ったり免疫力を高める予防が効果的ですが、発症してしまうと治療が必要となります。
カンジタ症の原因は真菌の異常発生なので、治療に必要なものは真菌に対する殺菌や抑制作用のある抗真菌薬となります。

抗真菌薬で代表的なのはイミダゾール系のケトコナゾールで、真菌が生合成する働きを阻害して殺菌的に作用します。
具体的には、真菌が生きていくためにはエルゴステロールと呼ばれる細胞膜を必要としています。
これを生合成する際にケトコナゾールが選択的に阻害することで物質を構成できない環境を作って生きていけないようにするのです。

ケトコナゾールは抗真菌スペクトルが広く様々な種類に効果があるだけでなく、強い抗真菌活性を持つため素早い治療が可能となっている成分です。
殺菌的な作用を持っているので、症状を抑えるだけでなく増殖を防いで症状を改善させることができます。
ケトコナゾールの適用はカンジダ菌だけでなく水虫の原因となる白癬菌やたむし、癜風に脂漏性皮膚炎などでも効果を発揮することから様々な治療で活躍する成分となっています。

患部に塗布する塗り薬などで市販されることも多いケトコナゾールですが、真菌に対して十分な効果が期待できるため、医師の処方薬にも良く利用されている成分です。
剤形はクリーム以外にも錠剤が用意されており、飲み薬として使用することで体内から真菌に働きかけることができます。
これを利用してカンジタ症の治療にも用いられ、錠剤などで処方されることも少なくありません。

口腔カンジダ症は口内に発症するため治療には、一般的にシロップなどのうがい薬か内服薬を用意します。
中には経口用の塗るタイプがあり、寝たきりの高齢者や新生児でも治療することが可能です。
基本的にケトコナゾールは内服薬として使用するため、錠剤での経口投与となります。
うがい薬などのシンプルな治療には向いていませんが、カンジダ菌には効果的な成分としての実績があるので治療に有効な飲み薬となります。

医薬品のデメリットとも言える副作用も少なく、実績のあるケトコナゾールはカンジタ症の治療に最適な成分と言えます。
主な副作用はかゆみに発赤、疼痛などで比較的軽い症状となっているので安心して使用することができます。

関連記事